芸能

木下ほうか被害女優は中山未来?高圧的な過去インタビューについても

2022年3月29日

「性加害」問題で、世間を騒がせている木下ほうかさん。

被害にあった2人の女優さんが、被害について語られましたが、一体誰なんでしょうか…。

同じく「性加害」問題で取り上げられている榊英雄さんとの盟友と呼ばれる程の関係や

過去の高圧的なインタビュー内容をまとめました!

木下ほうかさんの被害女優は中山未来さん?

昨年映画で共演した中山未来さんへの高圧的な態度

2022年3月に明るみになった、木下ほうかさんによる「性加害」問題。

今回勇気を持って告白してくれた2人の女優さんですが、誰なのかははっきりわかってはいません。

ただ、「演技指導」「これから育ててあげようと思った」などと

相手の女優さんに脅しまがいの発言をしたり

被害にあった女優さんの「親子ほど年が離れていますし」という発言内容から

お2人共20代の若手女優ではないかと考えられます。

そこで気になる方は、女優の中山未来さん。

2021年4月公開映画「裸の天使 赤い部屋」で映画デビューした女優さんです(当時25歳)

木下さんとの年の差は30歳。

内容はかなりディープなもので、木下さんとの濡れ場も多くある作品です。

あくまで作品の設定のお話なので、そこはまだいいのですが

この映画のインタビューでのお2人のやりとりが、どうも違和感があるように感じるんです。

1人は渡辺麻友さん?

一部では、被害女性の1人が、元AKB48の渡辺麻友さんでは?という話が出ていますが

これはまずないと思いますね。

物凄く可愛そうですけど…今回告白してくれたお2人の女優さんは、かなりひどいことをされています。

実際行為にまで至った方もいらっしゃいますね><

渡辺麻友さんが女優業をはじめた時期とがっちしたり、木下さんとは交流があったため名前が出ましたが

渡辺麻友さんはさすがにビッグネームすぎます…。

基本的には、抵抗できないような新人の女優さんを狙っているのでしょう。

木下ほうかさんの高圧的な過去インタビュー

映画「裸の天使 赤い部屋」での、木下ほうかさんと中山未来さんのインタビュー内容です↓↓

木下:最初の顔合わせの日に食事に行って、そこで脅しじゃないですけど、強調したのは「本に書いてある以上のことが起こりうる。それが現場だ」ということ。これ以下じゃなく、以上だと考えて現場に来て欲しいと。

中山:「ただのキスじゃないよ」って言われました。

木下:「もうベロベロいくで」って(笑)。そのつもりで来てくださいと。それで「できますか?」と聞いたら「できる」って言ってくれたんです。いろんな作品を見てて、「あぁ、ここは何かの都合でこれ以上はできなかったんだな」と見受けられる作品もあるじゃないですか。
そういうのは一番嫌いだし、今回はそういうことはなかったですね。この人、何もなくても裸でウロウロしてました(笑)。

引用元:映画.com

今回の事件抜きにしても、何かこのやり取りには違和感を感じます。

まず、主演ではありましたが、一俳優が「本に書いてある以上のことが起こりうる」とか「そのつもりで来てください」とか

わざわざ食事の場を設けてまで言うものなのか?

30歳近く年の離れた男性に、初対面でこんなこと言われたら普通はひいてしまいそうです。

このインタビューでは、インタビュアーが「演技面だけでなく俳優としての在り方をも教えてくれるいい師匠に出会えましたね。」

と質問していますが、木下さんの答えは「だいぶ、僕が洗脳してますね(笑)。」でした。

中山未来さんが被害に関係あるかは、現在定かではありませんが

中山さんへの物言い1つを取っても

今回の不祥事に繋がるような、若手女優を軽視した物言いには疑問をもちますね。

木下ほうかさんと榊英雄監督は盟友?ワークショップを悪用?

同じく「性加害」問題で話題になっている榊英雄さんですが

木下さんとの親交はかなり深く、榊監督の作品にも7作出演。

監督としてではなく、俳優としての共演だと12作にも及びます。

仕事以外でのプライベートでも「盟友」と呼ばれる程関りがあり、山下さんは「榊組」の一員!と言われてるそうです。

とんでもないとこで意気投合してる盟友ですよね…。
chika

そして榊さんが開催するワークショップへも、よく参加されているのですが

今回被害にあった女優さんも、ワークショップに参加して木下さんに出会ったそうです。

上のインタビューのように、役者を語るのであれば

まずはワークショップの意味をはき違えないでいただきたいですよね。

本来は若手の俳優さんたちが、指導を受けチャンスをつかむための場。

少なくとも木下さんの欲望を満たすための場ではないことを理解して頂きたいです。

ドラマ「正直不動産」の降板を発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

木下 ほうか(@kinoshita_houka)がシェアした投稿

2022年春ドラマNHK「正直不動産」への出演も、主演山下智久さんの上司役として決定していましたが降板することを発表。

「正直不動産」は山下さんの約3年振りの地上波連続ドラマということで話題になっていました。

木下さんの役は、山下さんの上司役。

出演も多い重要な役柄ですが、木下さんの出演部分は、編集し直し全てカットしたうえで放送されるそうです。

放送直前のこの不祥事、関係者に迷惑をかけただけではなく、

カットされることにより本来のドラマの面白さも、少なからず落ちてしまいます。

ドラマを楽しみにされていた方にとっては、単純にすごく残念な結果です。

木下さんは、演技力はありましたが、脇役が多く下積み時代も長かったです。

「痛快スカッとジャパン」で話題になったイヤミ課長が当たり、「はい、論破」は2015年の新語・流行語大賞にもノミネート。

ここから名前が一気に知れ渡り、ゴールデンのドラマでも露出が増えてきましたよね。

先日のスカッとジャパンの最終回では涙を流されていましたが…なんだかなぁという気持ち
chika

無期限活動停止ということで、表にはでれないと発表されていますが、完全に逃げてるとしか思えません。

心の底から自分のしたことを恥じ、悔いて、被害にあった方に謝罪をして頂きたいと思います。

まとめ

木下ほうかさんにょる「性加害」問題。

被害にあった女優さんお2人が誰なのかははっきりわかっていませんが

抵抗が出来ないような新人・若手の女優さんではないかと思われます。

過去のインタビュー等振り返ると、若手女優に対する高圧的な物もあり、今回の問題を抜きにしても

疑問に思う発言も多く見られました。

放送直前のドラマの降板や、無期限活動停止という名目の逃げだけではなく

被害にあわれた方や、迷惑をかけた関係者の皆様に、しっかり謝罪をして頂きたいと思いました。

演技は上手な俳優さんなだけに、非常に残念ですね…。

-芸能