音楽

【動画】CDTVライブ元ちとせワダツミの木で声が出てない?理由は喉の不調と独特な歌い方?

2022年4月18日

2022年4月18日放送の「CDTVライブ!ライブ!」の2002年に大ヒットしたデビュー曲として

元ちとせさんの「ワダツミの木」が生放送で披露されました。

その歌声が、当時の元ちとせさんを思わせない…声が出ていない、きつそう、クセが凄すぎる!と話題に。

理由は数年前に起こした喉の不調やコンディションの悪さ、あとは独特の歌唱法とも言われています。

「ワダツミの木」の歌唱動画と、SNSでの声をまとめました!

【動画】CDTVライブでの元ちとせさんのワダツミの木

私もこれは見ていてびっくりしました><

音痴とか音が外れているとかいう前に、大丈夫かなぁと…。

元ちとせさんの特徴的な歌い方は、「奄美シマ唄」といわれる、奄美で古くから歌い継がれている歌唱法です。

喉を非常に駆使する歌い方で、誰でも歌えるものでもありません。

2002年のデビュー当時から20年も経っているので

比べるのも違うのかなという気もしますが

久しぶりに元ちとせさんの歌声を聞かれた方にとっては

この頃の伸びやかな声と比較してしまい、驚かれる方が多いのも仕方ないのかなと思います><

雨が降る中、外での待機や歌唱させられる状況も関係していたのでしょうか。

ご本人も「あいにくの土砂降りでしたが」とツイートされていますね。

本来天候に恵まれていれば、綺麗な藤の花の中幻想的ではあったかもしれませんが

出演アーティストの方には万全の状況・ステージを用意して頂きたいですね…。

元ちとせさんの声が出てない、クセが強すぎと話題に

SNSでも、久しぶりに聴いた元ちとせさんの歌声ににびっくりした方が多かったようです。

声が出てなくてがっかりしたという声と同時に、やはり、雨の中待機させられていたことが影響しているのでは?

ちゃんと屋内で歌わせてあげて欲しかったという、心配の声も非常に多くみられました。

やはり、歌唱する環境も少なからず影響していそうですよね。

全くの素人が同じ状況下で歌ったら、声が出ないどころか寒さで震え切って終了です><

最後まで歌いきる姿は、心配もありましたが…非常に感動的でした。

苦しそうな歌声の理由は喉の不調と独特な歌唱法「奄美シマ唄」

詳細は記されていないのですが、数年前から元ちとせさんが喉を壊されているという情報も聞かれます。

元ちとせさんの歌い方は非常に特徴的で、喉を駆使する歌い方です。

喉に不調を持たれているのなら尚更酷な話。

ボーカリストは何十年も続けていると、喉に不調が現れ、手術する方も少なくありません。

元ちとせさんも、現在のご自身の喉の調子と向き合い、歌い方など工夫をされているのかもしれません。

そして、あの独特で神々しい歌唱法は「奄美シマ唄」と呼ばれています。

奄美シマ唄は、グィンと呼ばれる独特のコブシとファルセットを多用して歌う奄美民謡で、奄美にしかない歌唱法。

ポップスとは全く異なるため、馴染ませるのが非常に難しく、無理に歌うとビブラートがききすぎているような

クセが出すぎた感じになったり、逆にノベーっとした感じに聴こえたりするようですね。

上手に使いこなせば裏声が綺麗に出せるようになったり、歌い手それぞれの味が出る歌唱法。

元ちとせさんは、柔軟にポップスにも対応できた歌い方ができてたんですね!

元ちとせさんが歌う奄美シマ唄の動画がこちらです↓↓

こちらを聴いていると、20年前とはまた違う、本当に美しい歌声ですよね。

様々な環境の変化や、喉の不調、加齢に伴い歌い方に変化が出るのは当然のようにも思います。

それこそが、奄美シマ唄の味かもしれませんね。

曲はその時々の自分の声に合わせて作られるものですので

20年前の曲を振り返ることも素晴らしいですが、現在の楽曲でどのように表現されているかが大切です!

新曲も発表されるようなので、現在の元ちとせさんの歌声にも注目したいですね!

まとめ

「CDTVライブ!ライブ!」の2002年に大ヒットしたデビュー曲として

久しぶりに生放送で「ワダツミの木」を披露された元ちとせさん。

その歌声が、当時の元ちとせさんを思わせない程に声が出てなく、きつそうと話題になりました。

しかし用意されたのが、野外の土砂降りの雨の中だったせいもあるのでは?と、元ちとせさんをねぎらう声も。

特徴的な歌い方ゆえに、喉を壊されている情報もありますので、過去の「ワダツミの木」同様に

現在の元ちとせさんの歌い方にも注目したいですね。

-音楽